勧誘について

自分でコツコツと場合によっては、ほぼ毎日の様に続く自己処理での脱毛が苦にならず、楽しくて堪らないという人はそれほどいないでしょう。

 

しかし脱毛店を利用する気になれば、利用するだけの十分な金額があったとしても過去に強引な勧誘にあり嫌な思いをした事がある人であれば、利用は差し控えたいと考えるのは当然の事かも知れません。

 

確かに一昔前にはスタッフから、消費者側からは何の要望も出していないのにも関わらず、次々とオプションサービスや高価なサービスを薦めて来るといった事はあった模様です。

 

サロンで働くスタッフは一種の営業マンとしての役割も担っている様であり、一般常識的な範囲での勧誘は致し方無いのかも知れません。

 

しかし中には常軌を逸した様な方法で、不要なサービスの契約を迫るとなれば話は変わって来ます。

 

気の強い女性であれば突っぱねる事も出来るでしょうが、NOと言えない性分の女性であれば不要なサービスを契約してしまうという事があり、問題視された事があるのです。

 

しかし今日日では、一昔前とは比べ物にならない程の数の脱毛店が増加して来ています。

 

そして前述した様な勧誘を一寸した紹介レベルに留めるとか、一切勧誘はしないとWEBサイト等で具体的に謳っているサロンも登場してきており、顧客に対して如何に魅力あるところなのかを知って貰おうと躍起になっているのが現状です。

 

勧誘を断るテクニック

ここで大切な事は薦められたサービスが不要であったなら、私には不要ですと断りを入れましょう。

 

もしそれでも勧誘を薦めて来るなら相手の氏名をフルネームで聞いておき、御社の本社に事の顛末を説明しますと言えば、勧誘はストップするでしょう。

 

付け加えるならば、スマートフォンの爆発的な普及により手軽にSNSが使える様になり、一寸した事でもインターネットというメディアを通じて、一瞬で広まってしまうという時代です。

 

ですから、脱毛店側も努めて勧誘を勧めるという事は差し控えている筈です。